私が脂質異常症になった原因と対策方針

sisitu

男、50代も後半折り返し。健康診断で危険信号を出され、脂質異常症を改善しようと一念発起。中性脂肪を撃退すべく、食事・運動の習慣を徹底見直し。DHAサプリメントを併用して、見事適正値まで戻すことに成功しました。同じく脂質異常症や中性脂肪でお悩みの方の参考になればと思い、その記録を綴ります。

私が脂質異常症になった原因

私は学生時代には運動をしていましたので非常にスマートでした。身長173cmで体重は66kg、もちろん腹部はスッキリとして筋肉で割れていました。太り始めたのは入社してすぐ、営業職で車を運転して得意先を回る仕事でしたので、最初の2年ほどで4kgも太りました。

その後管理職になると得意先の接待、社内のコミュニケーションが多く、まっすぐに家に帰ることはなく、毎日が酒を浴びるような毎日。おまけに食べるものは焼き肉や焼き鳥、中華料理、ピザなどの脂っこいものが好き。休日には日頃の疲れで昼ごろまでゴロゴロし、夜は会社のストレスが貯まり晩酌が習慣となってしまいました。たまにゴルフに行く位で全く歩くこともなし、これでは体重が増えるのも当たり前ですよね。50歳の頃には体重が80kgを超え、お腹は前に飛び出し昔の体型からは大きく変わってしまいました。

45歳のころから中性脂肪が160mg/dlを超え軽度の高中性脂肪血症と言われました。医師からは運動をするように指示をされていましたが、なかなかからだを動かすことができないものですね。50歳の頃に健康診断では中性脂肪が300mg/dlを超えて中等度高中性脂肪血症と診断され、ぎりぎり基準値内であった総コレステロール値も230mg/dlほどになり境界域になってしましました。

医師からはこのまま続くと将来心筋梗塞や脳血管障害、動脈硬化の原因になるので食事療法と禁酒、そしてスポーツをするようにときつく指示を受けることとなりました。そのころは上の子が大学に入ったばかりで2番目が高校生、まだ死ぬわけには行きません。一念発起して脂質異常症と向き合うことにしました。

脂質異常症の対策

脂質異常症から脱出するためにいくつかの対策を立てました。まずはお酒です。今までセーブすることなしに飲んでいた酒はビールなら1本、お酒なら1合以内と決めました。そとでは2次会は極力避け、オツマミも魚系統とサラダというふうに変えました。会社の関係ではなかなか酒をきっぱりとはやめられないので、家では一週間に2日の休肝日を作りました。

家の食事は妻がきちんと管理してくれ食事時には2杯食べていたご飯は1杯にし、魚中心の食事にして野菜を多めに摂るようにしました。しかし魚が脂質異常症には効果的であるとはわかっていますが、毎日食べることはなかなか難しいことです。そこでDHAとEPAのサプリメントを併用しました。これですと持ち運びも楽で、簡単に摂取することができます。

もうひとつ気をつけたことは運動です。サラリーマンをしていると車や電車を使うことができず運動不足になります。そこで日頃より万歩計をつけ、駅までの往復は歩くことにしました。片道30分弱の道を歩くと6000歩程度になったのでしょうか。

毎日の歩数を記録し、一日1万歩は楽に歩くことができました。そして一週間に一度はジムに通いエアロバイクを30分、それにマシーンをつかって筋トレを行いました。挫けそうになることもありましたが、これらの対策を約1年行いました。

1年後の数値は大幅に改善、体重で10kg減に成功し中性脂肪は境界域ですが、コレステロールは正常に戻り、身体も軽く動きやすい体型になりました。これらの対策を行っていくのは最初は大変です。しかし「継続は力なり」でしばらく行っていき成果が出てくると楽しくなるもの。皆さんもこの記事を読み是非脂質異常症にきちんと向き合ってくださいね。